ホームページを設置するレンタルサーバー

ホームページを制作したら、そのデータをサーバーにアップロードしなければ、見てもらうことができません。通常はレンタルサーバーというサービスを利用するのが一般的です。サーバーも、様々な会社から様々な仕様のレンタルサーバーが提供されており、またコストも様々です。

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーには大きくわけて2種類あります。ひとつは、共有サーバー。一つのサーバーを小分けしてレンタル(マンションみたいな 感じですね)しているので比較的に安く利用することができます。ただし色々と制約があるので、独自のシステムを構築する・・といった場合はサーバーの仕様や規約に要注意です。費用については一ヶ月数百円というものから、1万円程度のものが一般的です。
そして、サーバーを丸ごとレンタルしている専用サーバーです。大がかりなシステムを構築するのであれば、専用のサーバーを選択することになります。 以前は、専門的な知識がなければ専用サーバーを利用することは出来ませんでしたが、いまでは様々なサービスが提供されておりますので、用途に合わせたサーバーを選択することが可能です。
また、最近は共有サーバーでありながら擬似的に専用サーバーのような使い方ができるVPSといったサービスもあります。
用途に合わせて選択することができます。

ニーズに合ったレンタルサーバー選び

CPI(KDDI)
本格的にインターネットでビジネスを展開したいというのであれば、大手企業から官公庁まで利用されているCPI。サーバーの安定度は抜群です。稼働率に応じて返金制度もあります。複数のコンテンツの運営を行うのに最適。またブログシステムのムーバブルタイプのライセンスもついていますので、ビジネスブログを展開したい場合はお勧めです。容量は無制限。電話サポート可。企業向けレンタルサーバー

さくらインターネット
個人事業主から、使える低コストのレンタルサーバーです。最低限の機能だけあれば良いというのであれば、スタンダードがお勧め、容量も100GBありますので、ネットをハードに利用しないのであれば、十分といえるスペックです。

ヘテムル
特徴として、複数のドメインを一つのサーバーで利用できるのが特徴、またデータベースも100個まで利用可能なので、ブログ等を利用する方にもお勧めです。非常にわかりやすいコントロールパネル(管理画面)も親切な設計になっています。さらに独自ドメインのSSLが18,000円という低コストで利用可能、ホームページでメールフォーム等を利用する場合等は、お勧めいたします。

レンタルサーバー選びは、ホームページ制作会社と検討のうえ、慎重に選択することをお奨めいたします。必要以上に経費を無駄にしていたり、それとは逆にサーバーのスペック不足や機能の不足のため、不自由を強いられる場合もあります。またサーバーを他社に移転する場合、それなりの労力がかかってしまいますので、十分検討する必要があります。